テニス初心者にオススメのショートラリー練習(今すぐラリーできる!)

ショートラリー

テニス歴19年、サイト運営担当のSHOTAです。

今回は、「テニス初心者におすすめの練習(ショートラリー)」を解説します。

テニスを初めて間もない方は、下記のような疑問や思いがあると思います。

  • テニス初心者でも楽しめる練習方法はないか
  • ラリーを長く続けられるようになりたい
  • 上達(成長)を感じたい

今回はこちらについて深掘りして解説してきます。

①:テニス初心者にはショートラリー(ミニテニス)がオススメ

ショートラリー

まずは結論から、テニス初心者の方はショートラリー(ミニテニス)の練習でテニスの楽しさ・緊張感を体験しましょう。

ショートラリー(ミニテニス)とは、写真の赤枠部分(サービスライン内)でラリーを行う練習です。

一般的には、2人1組で打ち合います。

上級者から初級者まで幅広く行う練習方法で、主にウォームアップとして取り入れられることが多いです。

このショートラリー(ミニテニス)の練習がテニス初心者には、最適なのです。

②:テニス初心者にショートラリー(ミニテニス)がオススメな理由

ラケットとボール

以下がテニス初心者にショートラリー(ミニテニス)をオススメする5つの理由です。

  • ボールのスピードが遅いので、打ちやすい
  • ラリーが続くため楽しい
  • ボールの打点をつかみやすい
  • ラリーが続けば、自信もつく
  • 体力をあまり使わずに練習できる

それでは、ひとつひとつを深掘りしていきましょう。

ボールのスピードが遅いので、打ちやすい

最初はボールを打つのも大変ですが、通常のラリーに比べてボールのスピードが遅い分、見る余裕があります。

しっかりとボールを見て、動いて、ラケットに当てていきましょう。

ラリーが続くため楽しい

相手との距離が近く、ラリーが続きます。

ラリーが続くと単純に楽しいと感じるはずです。

ショートラリー(ミニテニス)の最大の良さは、テニスを始めたばかりでもラリーを続けることができる点です。

ボールの打点をつかみやすい

初期はフォームやグリップの握り方は、気にしなくていいです。

自分がどこでボールをとらえれば、しっかりとコントロールできるのか、ぼんやりでいいのでつかんでください。

打つ→確認→改善、が短い間隔で試せます。

ラリーが続けば、自信もつく

ラリーが続けば自ずと自信もついてきます。

少しでも成長や上達を感じられるはずです。

体力をあまり使わずに練習できる

練習時に動く距離が短いので、ほとんど疲れません。

この短い距離でも、小刻みに足を動かしてボールに入っていけるようになるとワンランク上のフットワークになります。

③:さらにショートラリー(ミニテニス)を楽しむ方法

バックハンド

さらにショートラリー(ミニテニス)を楽しむ方法があります。

  • ラリーの目標回数を設定する
  • クロスコートで打ち合う
  • 試合をする

上記の通り、少しの工夫をするだけで楽しさの幅が広がります。

ラリーの目標回数を設定する

カウント

目標回数があると、何事も頑張れますよね。

自分より格上の人とラリーすると回数も急激に増えるのでさらに楽しめます。

クロスコートで打ち合う

ショートラリー

ストレートから、クロスで打ち合うと気分がガラリと変わります。

うまくいっていたことが、うまくいかなくなったりと新しい発見もあると思いますが、それも楽しんでください。

ちなみに実際のテニスの試合では、クロスでラリーする頻度が高いです。

試合をする

ショートラリー

この赤枠部分の狭い範囲内で試合(10ポイント先取など)をしてみましょう。

コントロールを意識した練習にもなりますし、何より相手との勝ち負けを争う練習になるので緊張感もあります。

この短い距離でコントロールできるようになれば、良い収穫です。

③:ショートラリー(ミニテニス)の悪影響

クエスチョン

さて、ショートラリー(ミニテニス)は、良いことだらけではないことをお伝えしておきます。

ショートラリー(ミニテニス)の弊害として、よく取り上げられるのが、体の運動連鎖を使わずに手だけで打つ癖がついてしまうことです。

私たちは、これを「手打ち」と呼んでいます。

体を使えばもっと速く、さらに質の高いボールが打てるのに、「手打ち」の癖が邪魔をする。。
なんてこともあります。

確かに中・上級者ともなれば、速くて質の高いボールを打ちたくなってくるので、この話には敏感になります。

しかし、初めてテニスをする方や初級者の方は、この点は全く気にしなくて良いと考えます。

フォームもグリップの握り方もさだまっていないので、まずはテニスを楽しむこと、そしてボールを打つ感覚に慣れることを優先して欲しいからです。

フォームやグリップの握り方は、人の数だけ基本がありますので、焦らずに、まずは思いっきりテニスを楽しんでください。

④:テニス初心者はショートラリー練習(まとめ)

プロ

いかがでしたでしょうか。

ショートラリー(ミニテニス)をやりたくて、うずうずしてきませんでしたか。

今回の「テニス初心者におすすめの練習(ショートラリー)」をまとめると以下です。

  • テニス初心者でも楽しめる練習:ショートラリー(ミニテニス)が超オススメ
  • ラリーを長く続けたい:ショートラリー(ミニテニス)であれば、テニスを始めたばかりでも連続ラリーが可能!
  • 上達(成長)を感じたい:ラリーが続くことで、上達も実感できる

騙されたと思って、ショートラリー(ミニテニス)を実践してみてほしいです。

イメージをつけるために、プロテニス選手(トミー・ハース)のショートラリー動画を紹介しておきます。

ゆったりした上半身の動きでありながら、足元は小刻みに動かしています。

この良いイメージを持ってショートラリー(ミニテニス)にチャレンジしてみてください。

ショートラリー(ミニテニス)が余裕でできるようになったら、そのままお互いが後ろに下がりつつ、ラリーを続けてみてください。

そうすることで、ショートラリーからスムーズにロングコートでのラリーに移行できますよ。

✔︎人気記事

人気記事≫ 無料あり: WOWOWオンデマンドでテニス4大大会を観よう(グランドスラム独占生配信!)
人気記事≫ テニス動画の視聴で上達を促す!(3つのメリット)
人気記事≫ ロジャー・フェデラー×On(オン)を徹底解説(テニスシューズは?)
人気記事≫ シンプル!ラケバ5選(おすすめテニスバッグ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です