テニス初心者はスタンスを広く!(良いことだらけ)

予測

テニス歴19年、サイト運営担当のSHOTAです。

今回は、『テニス初心者はスタンスを広く』について解説します。

テニスに慣れてくると、ストロークの安定感や打ち負けないフォームに憧れを抱くはずです。

その際に下記のような悩みも出てくるでしょう。

  • そもそもストローク前の構えがぎこちない
  • ストロークに球威がない&打ち負ける
  • ストロークの安定感がない

これらは全て「スタンスを広くする」ことで解決できます。

日本のレジェンド松岡修造氏も強く推奨されています。

世界レベルのテニスを知っている方の言うことなので間違いないです。

ちなみに、まだテニスの楽しさに気付いていない方、テニス道具はどの順番で揃えたらいいのかわからない方は、以下の記事からご覧ください。

≫テニスの始め方を解説(社会人からでも遅くない!)
≫テニスに必要な道具は?(価格帯は?)

①:テニス初心者こそスタンスを広くしましょう

ウェア

テニス初心者は、とりあえずスタンスを広くすることを意識しましょう。

構えが棒立ちだと、下半身のパワーがボールに伝わりません。

極端な例ですが、構えなしでスタートダッシュを行うのと同じです。

ちなみに、スタンスとは、ボールを待つ構え(レディポジション)、スイング時の構えの足と足の間隔や足の向きのことを指します。

②:広いスタンスのメリット

バックハンド

では、「スタンスを広く」とると、どのようなメリットがあるか見ていきましょう。

以下の3つが主なメリットです。

  • パッと見それらしい構えになる
  • 重いボールが打てる&打ち負けない
  • 上下のブレが少なくストロークが安定する

スタンスを広くとる(肩幅より少し広めにとる。もしくは、ラケット1本分とる)ことでこれらの恩恵が受けられます。

それでは、ひとつひとつを深掘りしていきます。

パッと見それらしい構えになる

棒立ちの構えと比較すると一目瞭然です。

テニスらしい構えになります。

正直、見た目の話なのでどうでも良いかもしれませんが、「いかにも打てそう」な雰囲気は確実に出ます。

リターンの時は、意識しやすいので積極的に実践しましょう。

試しに自分の動画を撮って、狭いスタンスと広いスタンスを比較してみることをオススメします。

重いボールが打てる&打ち負けない

日常生活でも重いものを持つ時は、自然と足と足の間隔を広げますよね。

それは、重いものを持つために、パワーを出さないといけないからです。

テニスでもこれと全く同じことが言えます。

下半身からボールにパワーを伝えるためにスタンスを広げるのです。

こうすることで、相手のボールに打ち負けずに、かつ重いボールを打つことができます。

上下のブレが少なくストロークが安定する

必然的に重心も落ちて、横の動きに強くなります。

体の軸も真っ直ぐに保ちやすくなります。

現代テニスは、ストローク主体ですのでスタンスが狭いとラリーが続けば続くほど体の軸を保つことが困難となります。

スタンスを広くして、ストロークを安定させることでラリー戦を制することができます。

③:狭いスタンスにもメリットはあるの?

クエスチョン

もちろん狭いスタンスにもメリットはあります。

広いスタンスに比べ、体力の減りが少ないことです。

また、前後の動きに強いことです。(横の動きには強くない)

プレースタイルで言うとボレーヤー向きのスタンスです。

ただ、やはり現代テニスはストロークがメインなので、左右の動きに強い、広いスタンスを採用した方が良いでしょう。

「私、ボレーしかしません」、「ダブルスプレイヤーなんです」って方は狭いスタンスのままでOKです。

④:テニス初心者はスタンスを広く(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

スタンスを広くすることのメリットを理解いただけましたでしょうか。

今回の記事をまとめると以下です。

  • パッと見それらしい構えになる
  • 重いボールが打てる&打ち負けない
  • 上下のブレが少なくストロークが安定する

これらは、全て「スタンスを広く」することで解決してくれます。

※スタンスを広く=肩幅より少し広めにとる。もしくは、ラケット1本分とる。

あなたも試しに自分の動画を撮影して、スタンスに着目してみてください。

自分では広くとっているつもりなのに、思ったより狭くなっていませんか?

そんな方は、まだまだ伸び代があるのでチャンスです。喜びましょう!!

次の練習では、騙されたと思ってスタンスを広くして、自分にあった広さのスタンスを探してみてください。

きっと世界が変わるはずです。

✔︎人気記事

人気記事≫ 無料あり: WOWOWオンデマンドでテニス4大大会を観よう(グランドスラム独占生配信!)
人気記事≫ テニス動画の視聴で上達を促す!(3つのメリット)
人気記事≫ ロジャー・フェデラー×On(オン)を徹底解説(テニスシューズは?)
人気記事≫ シンプル!ラケバ5選(おすすめテニスバッグ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です